ITが新しい時代の人手不足を解消する?!

働き方の多様性、人材の流動化など、労働環境は現在大きな曲がり角を迎えています。効果的に人材を育成し、優秀な人材の離職を防ぐにはどうすればよいのでしょうか。今回はタレントマネジメントツールを活用した、人手不足を解消するためのヒントをご紹介します

「経営目線の人材戦略 育成と採用どちらが先で、どちらが重要?」では、人材戦略の悩みを解決するために育成と採用、どちらを優先すべきか、また、双方のメリット・デメリットから中堅・中小企業の人材戦略を考えていきます。 「優秀な人材の流出を防ぐ!従業員満足度の高い企業の3つの特徴」では、候補者が企業を選ぶ際の基準やポイントについてご説明します。従業員満足度が高く、高い定着率を維持し続けている企業には、どのような特徴があるのでしょうか。

■経営目線の人材戦略 育成と採用どちらが先で、どちらが重要?

近年の人手不足で、人材戦略に頭を悩ませる企業が増えているようです。人手不足に対する人材戦略としては、「育成」と「採用」という2つの角度からのアプローチが考えられますが、どちらが効果的なのでしょうか。本稿では人手不足の現状に言及しつつ、育成と採用双方のメリット・デメリットから中堅・中小企業の人材戦略を考察します。

■優秀な人材の流出を防ぐ!従業員満足度の高い企業の3つの特徴

経営者や人事担当者にとって、いかに優秀な人材を定着させるかは重要な課題です。では離職率が低く、優秀な人材が最大限の能力を発揮し活躍している企業にはどのような特徴があるのでしょうか。 働き方や価値観が多様化する近年では、就職希望者が企業を選ぶ基準は「企業規模」「知名度」、「年収」のほかに、「満足度」も含まれる傾向にあります。従業員満足度が高く、人材の流動が進む中でも高い定着率を維持し、優秀な人材を採用・育成するサイクルが構築できている企業の特徴をご紹介します。  
ご参考:人・組織の変革カテゴリーのブログ記事一覧

関連タグ