Vol.3:ERPって大企業向けでしょ?

【お悩み相談No.180416-2】
会計・販売管理系のシステムを一新して、グローバル展開にも耐えうる仕組作りを目指しています。知り合いに、「それなら、ERPを導入すべき」と言われたのですが、当社の規模は、それほど大きくなく、ERPは身の丈に合わないのではないかと懸念しています。
ERPは、大規模組織に向けたシステム──。この認識に間違いはないですよね。
(流通A社 経営企画部 40歳/男性)

三田さん、この相談にどう答えるのがいいのでしょう。実は、企業IT関係の会社に行った友達からも、同じようなことを言われて、私が「そんなことはない」と言っても、なかなか信じてもらえなくて。

確かに、ERPは大規模企業向けで高価、導入にやたらと時間がかかると誤解している人はまだまだ数多くいるからね。広く一般の認識を変えてもらうのはそう簡単なことではないかな。

なぜ、そうした認識が定着しちゃったんですか。

うーん、実のところ、ERP市場のリーディングプロダクトであるSAP製品も、かつては、導入費用が高くて、導入に相当の期間がかかる製品だったからね。

あーっ、SAPのせいなんだー。

そう言っちゃうと、みもふたもないけど、まあ、そうかもしれない。

でも、今は違う。

そうそう。今は、中堅・中小の企業でも、普通にSAP ERPを導入して、成果を上げている。だから、決して大規模企業向けのシステムではない。

とすると、あるときを境に「これじゃいかん」とSAPの上層部が反省して、SAP ERPの価格━━つまりは、ソフトウェアライセンスの料金を大幅に引き下げたんですか。

いや、そんなことはしていない。ソフトウェアライセンスの価格自体は、今も昔も、あんまり変わっていない。

えー、ならばどうして中堅・中小の企業でも、導入しやすくなったんですか。

実は、SAP ERPの導入コストの多くを占めていたのは、SAP ERP自体のライセンス費用じゃなくて、SAP ERPを企業の業務にフィットさせるためのカスタマイズ費用━━言い換えれば、アドオンモジュールの開発費だったんだ。また、アドオンモジュール開発が導入の工期を長期化させる原因でもあった。

つまりは、そのアドオンモジュールの開発費用が劇的に下がり、導入コストが安くなったということですね。それって開発会社さんが、料金を値下げしてくれたからなんですか。

いや、そうじゃない。大きな理由の一つは、SAP ERPが進化して、数多くのアドオンモジュールを開発する必要がなくなったからさ。

SAP ERPが進化したって、どんなふうになのですか。

例えば、ERP市場でのSAPの地位を不動にした製品として、1999年に登場した「SAP R/3」がある。知っている? SAP R/3

いや、知りません。まだ習っていませんし、1999年って言えば、私はまだ幼稚園だったし。

大学生だったとしても、絶対に知らなかったよ(笑)。
とにかくSAP R/3の登場で、SAPのERPはみるみるユーザー層を拡大させて、今日の圧倒的な地位を築いた。ただし、SAP R/3は豊富な機能を持つ優れた製品だったものの、組み込まれている業務ノウハウがあまり多くなく、導入した企業は、自分たちの業務にSAP R/3をフィットさせるために数多くのアドオンモジュールを開発することにした。

それで導入コストと工期が膨れ上がっちゃったわけですね。

そのとおり。ところが、現在のSAP ERPには、きわめて膨大な数の業務ノウハウがテンプレートとして組み込まれている。そのため、ほぼすべの業種・業態の企業が、必要最低限のアドオンモジュールを開発するだけで、SAP ERPを自分たちの業務にフィットさせることが可能になった。

なるほどー。

また、そうしたSAPの進化と連動するように、SAP ERPのお客さまの間で、自分たちの業務をSAP ERPにフィットさせたほうがいいとの考えが広がった。これも大きい。

そうなんですか。

そう。例えば、企業固有のニーズに合わせて大量のアドオンモジュールを作ってしまうと、導入コスト/工数が増大するばかりか、システムを更新する際のコスト/工数も膨らんでしまう。にもかかわらず、開発したアドオンモジュールの多くが、業務の現場でほとんど使われないケースもあった。

そうしたことから、お客さまの多くがSAP ERPの標準機能に自分たちをフィットさせる方法を選ばれるようになったわけですね。

そう、それが最も合理的だと判断されるようになったわけ。実際、こうした考え方でSAP ERPを用いると、部品を選び、組み立てて行く感覚で自分たち用のシステムが構築できる。結果、SAP ERPの導入コスト/工期が、SAP R/3時代とは比べ物にならないくらい圧縮されているわけだ。もちろん、システム更新の手間も費用も非常に少なくて済むようになっている。

なるほどー。確かに、スマホも自分好みに装飾しようとする、お金もかかるし、買い替えのときに面倒ですもんねー(シールなんか貼っちゃうとはがせないし)。それなら少し我慢して、素のママで使ったほうがいい。できることは結局一緒なんですから。

うーん、その例えが適切かどうかはさておき、まあ、そんなところかな。加えて現在は、クラウドERPの「SAP Business ByDesign」もある。これなら初期の導入コストをさらに抑えられる。相談者の方は「海外展開」を考えておられるようだから、その意味でもSAP Business ByDesignがおススメだね。

ですね。よーし、お話を参考に、早速回答を出そう。回答はチェックしてくださいね。

お、いいよ。何か、いつになく積極的だね。

えっ? いつもこうですよ。時間的な折り合いがつかなかったから、そうしなかっただけです。

あっ、そうだったんだ。時間的な折り合いね、ゴメン、ゴメン、そうとは知らず(うーん、この人の行動パターンがまったく読めん)。

関連のお悩み相談はこちら